マヌカハニー

生ローヤルゼリーの弱点とは

生ローヤルゼリーってご存知でしょうか。
生ローヤルゼリーとは、加工をしていない純度100%の製品のことを言います。
そのため特有の味や香りがストレートに伝わる製品になります。
栄養豊富で健康効果が期待できる成分ですが、生のローヤルゼリーの風味が苦手な人もいるようです。

ではここで生ローヤルゼリーの弱点について話をしていきます。
その弱点の1つ目は、「保存方法」になります。
生のローヤルゼリーは、新鮮な状態を瓶に詰めたり使い切りサイズにしてパックに詰めて販売している場合がほとんどになります。
鮮度が落ちてしまうと成分の効果も落ちてしまうため、徹底した品質管理を行っている製品を購入することをおススメします。
また製品の購入後も、冷蔵庫での保存が必要になります。
生のローヤルゼリーは「健康食品」として扱うよりも「生鮮食品」の分類として扱う方が良いとされています。

2つ目の弱点は、生のローヤルゼリーは味と風味が独特で長続きしない人もいる点です。
しかし味や風味が苦手な方のために、保存しやすいカプセルタイプの生ローヤルゼリーも販売されています。
このタイプは保存期間や保存方法に縛りがなく、気軽に服用することができる製品で人気の商品です。
もちろんカプセルに包まれているため、味や風味を気にすることなく服用することができます。
これらの点が生ローヤルゼリーの弱点といえます。