マヌカハニー

ローヤルゼリーと医薬品の相互作用はある?

ローヤルゼリーとは、ハチが花粉と分泌物から作り出す物質です。
豊富なビタミンやタンパク質・ミネラル・アミノ酸のほか沢山の栄養素が含まれており、ハチの巣の中では女王蜂しか食べることができない物質です。
またハチや人間にとっては強い生命力を与える成分として有名なです。
ローヤルゼリーは自然由来の成分であるため、食品という枠組みで扱われていることが特徴で、ローヤルゼリーの販売店から販売方法に至るまで医薬品の種類の扱いではありません。

では医薬品とはいったいどのようなものなのでしょうか。
医薬品とは、身体の疾患を診断して治療や予防をするために使用する薬品のことを言います。
医薬品には有効成分が含まれているため、用法や用量をきちんと守ることが必要です。
ではここで、ローヤルゼリーと医薬品の相互作用について話をしていきます。
ローヤルゼリーには高脂血症や高血圧の症状を緩和する効果があるとされています。
この効果が期待できる医薬品やサプリメントをローヤルゼリーと同時に摂取した場合に、理論的には相互作用が期待できるとされています。

しかしローヤルゼリーとワルファリン(ワーファリン)の同時摂取により、血尿などの症状が出た事例の報告もあるようです。
このように現時点では、高脂血症や高血圧のある人がローヤルゼリーと医薬品を同時に摂取すると症状を緩和する効果があるようです。
お医者さんや薬剤師さんに相談してローヤルゼリーを服用すると良いでしょう。